×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

波照間島、素泊まり民宿、やどかり、日本最南端、八重山諸島

最果てのうるま(サンゴ)波照間島

波照間島の名前の由来は【日本最果てにあるうるま(サンゴの事)の島】から名前葉つけられました。

波照間島へのアクセスは高速船が1日3便・安栄観光・ニューはてるまの海運会社・2社が運行しています。

次期によって高速船の出発時間が異なりますので、直接オフィシャルページでご確認下さい。

空からのアクセスはRAC(琉球エアコミューター)から、飛行機もでていますので、こちらも、時期により異なりますので

オフィシャルページよりご確認下さい。(今年度運休予定)

波照間島(はてるまじま)ってどこ?

波照間島は沖縄本島より南西に約447Km離れた八重山諸島の島で

日本の最南端(有人島として)に当たる島で、1年の平均気温は約25度と常夏の島なのです。

波照間島はハブもいませんので安心です。

また日本で唯一 【 南十字星 】 の見える島で12月の下旬から6月の上旬に見ることが出来ます。

また幻の泡盛 【 泡 波 】 の生産地で有名です。

日本地図

八重山諸島

波照間島探索

ニシハマ

ニシハマ

波照間島を代表する海岸です。

海岸の右側に進むと、絶好のシュノーケルポイントがあります。

西に位置する海岸なので、夕日もきれいに見えますよ。

最南端の碑

最南端の碑〜高那崎〜

この最南端の碑は、やどかりのシナ子さんのだんなさんが作ったのですよ。

(当時の写真が、やどかりで見れますよ)

日本では、唯一12月中旬〜6月下旬まで【南十字星】を見ることができます。

(19:30〜20:00の間ですが、季節によって異なります)

この最南端の碑の隣にある、星空観測タワーで、よく見えますよ。

冨嘉売店

冨嘉売店

やどかりから歩いて3分の場所に位置する売店です。

休憩時間があったりするので、お昼過ぎは閉まっている事もありますが

基本的に21時までの営業、朝は8時にはオープンしています。

お土産用の「泡波」の小瓶も、この売店が一番手に入りやすいかな?

ニューコート盛

ニューコート盛

コート盛は、その昔波照間島で実際に使われていた、観測台です。

ここは波照間の新しい観光名所「ニューコート盛」

これはちょっと見つけずらい所にあるんだけど、是非、ここを発見した時は

登ってみてくださいね。180度のオーシャンビューが望めます。

(島の西南に位置します。)

波照間島からのお願い

最近では島を汚す人・事故が耐えない島となってきているそうです。
それは人間が訪れる所だから仕方のないことですが、でも私達にできることもあるはずです。
それができなければ、この美しく自由な島が変わってしまいます。
そうならない為にも私達の出来る事をしましょう。
それは・・・
1島の人が「やらないほうがいい」といった事は、絶対にやらない。
それを聞かずに水難事故にあった、夜の帰り道一寸の光もなく歩いていたら怪我したなど・・・
日が完全に落ちる前に、一度民宿に戻り再度出かけるときは、島の人の警告をきちんと聞き入れること
そんなの大丈夫だよ!と言っていた人が何人も事故にあっています。
2 ごみは、必ず持ち帰る。
どこでも一緒です。美しい島々が私達によって汚され、環境破壊までに来ています。
ゴミは必ず持ち帰り、美しい八重山を、私達で守りましょう。
3夜はむやみに一人で、行動しない。
ハブはいませんが、昆虫はたくさんいます。十分に気をつけてください。
また集落を離れると、星がきれいに見えるほど一寸の光もありません。
数メートル先が見えず、集落を離れたら人はいません。
※竹富町村では事故を防ぐ為、いろいろな規制ができたのも事実です。
それは私達が簡単な事も守れなく島を汚しているのです。
島の人たちは、私達が来ないと生活が成り立たないのは十分にわかっています。
でも、その大自然を私達によって、破壊されてしまうことを恐れています。
たった些細な事で、大事故やつまらない規制はなくなるのです。
皆さんのご協力を島の人たちは心からお願いしています。

WEBサイトに関するお問い合わせ

◆お問合わせ
このサイトで使われている、文章・写真の2次転用は固くお断りしております。
著作権・肖像権も放棄しておりませんので見つけ次第処罰させていただきます。
このサイトに関するお問い合わせはKENTまでお問い合わせください。
冊子や旅行誌の掲載は基本的に受け付けておりません。
掲載の質問などは、直接やどかりへお問い合わせください。

終了

トップページお部屋のご案内お食事のご案内波照間島リンクサイトマッププライバシーポリシーお問合せ


Copyright (C) 2014 haterumajima yadokari. All Rights Reserved.